orbe_Meadow_share-03.jpeg

orbe(田辺玄+haruka nakamura)×Meadow
1st Album Tour「遠い声」

2022年5月。
orbe(田辺玄+haruka nakamura)と、

maikaによるソロ・プロジェクトMeadowがそれぞれの1stアルバムをリリース。
互いのアルバムへ交互に参加しながら作り上げた、2つの新作アルバムを携え、

3人の旅「遠い声」TOURが始まります。このトリオでは初となるツアー。
初夏の風と光と共に、新たな船出の始まりです。

5月1日(日)&5月2日(月)@海辺のポルカ
神戸市中央区東川崎町1-5-5 神戸煉瓦倉庫 南棟C

DAY1:5月1日(日):開場 17:00 / 開演 18:00 sold out
DAY2:5月2日(月):開場 18:00 / 開演 19:00 sold out

料金:前売 4,500円 / 当日 5,200円 (ドリンク代別途)

[お問い合わせ]
海辺のポルカ:umibenopolka@gmail.com / 090-6208-1106

【ご予約の注意事項】

・ご予約いただいたアドレスにご購入方法などをお送りします。

・登録されるメールアドレスは出来るだけPCアドレスをご記入ください。

・携帯アドレスで登録される方はPCメールが拒否設定されていないか必ずご確認ください 。

・携帯アドレスの場合、自動的に跳ね返ってしまう場合が多いです。​

・時に静寂を伴う演奏がございます。未就学児童のご入場はご検討ください。

・新型コロナウイルス感染予防のガイドラインをチケットご予約前、ご来場前に、必ずお読み下さい。


[新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン]
ご予約前・ご来場前に必ずご確認お願い致します。
https://www.umibenopolka.com/live-guideline
※ガイドラインは状況により日々変化します。

timeline_20220226_102238.jpeg

orbe / 田辺玄+ haruka nakamura

田辺玄とharuka nakamuraによるDUO。音楽家・ギタリストでありながら、エンジニアとしてもstudio camel houseを主宰する田辺玄。そこでほぼ全ての作品をレコーディングしてきた音楽家・haruka nakamura。数年に亘り数々の制作を共にしていた二人が、2019年に山梨のワイナリー"BEAU PAYSAGE"の葡萄畑のセッションをきっかけに"orbe"として音楽ユニットを結成。その時に生まれた楽曲を八ヶ岳高原音楽堂で録音。V.A.「waltz for BEAU PAYSAGE」1曲目に収録される。2019年1st EP「orbe」を12インチ・アナログレコードで発表。orbeのホームグラウンドとなる瀬戸内海のbelkと、八ヶ岳音楽堂で行った演奏会の写真をジャケットにした、「山と海が繋がる循環」をテーマにしたアルバム作品。ジャケット写真も手掛けたTKC監督による「BEAU PAYSAGE」と、belkスタッフ広瀬翼監督によるアルバム・ダイジェストMVがYouTubeにて公開されている。その後もorbe名義でNHKドラマ「金色の海」やCM音楽などを手掛ける。2022年初夏に1stアルバム「orbe Ⅱ」を発表予定。baobabのmaikaによるソロ・プロジェクト"Meadow"をゲストに迎えた初のフルアルバム。このトリオは「Nujabes PRAY Reflections」の録音アンサンブルメンバーでもあり、Meadowの1stアルバムもorbeが積極的に参加して作られた。2022年にはお互いの1stアルバム発売を記念した合同リリースツアーを予定。orbeとは「循環」を意味する。
 

S__6570049.jpeg

Meadow(メドー)

baobab、カテリーナ古楽器研究所として活動するmaikaのsolo project。2021年始動。自身のヴォーカル、ピアノ、フィドルやヴィオラなどを軸に、抽象的かつ、風景の中を漂うような音世界が響く。水の漂いや光のプリズム、風にたなびく草原、自然に身を委ね包まれるような感覚、時にスモーキーさも含んだサウンドが流れる。2021リリースされた1st EP「eau」に続き、田辺玄、haruka nakamuraをはじめ、あだち麗三郎、鈴木雄大、石川真由子、須藤ヒサシ、松本未來など様々なアーティストをゲストに迎えたフルアルバムを初夏にリリース予定。(「Nujabes PRAY Reflections」/haruka nakamuraへボーカル・フィドル参加。「yaora」/gen tanabeへ声で参加。)Meadowとは、草原を意味し、またMeadow gardenは、自然の生態系により近い庭づくりを意味する。家と外の世界を繋ぐような庭。